私は昔からひどい冷え性に悩まされていました。
夏場も冷房が苦手なので、ほぼ1年間中何かしらの冷えがある状態でした。

そんな私の冷え性が劇的に改善された方法があります。
「生姜シロップ」です。
作り方はとても簡単です。

生姜を薄くスライスして、同量の砂糖をまぶし1時間以上置きます。
生姜エキスがたっぷり出てきたところで中火で30分程煮詰めてレモンを好みで絞り完成です。
シナモン等のスパイスを一緒に煮ると更に温め効果が増します。

生姜は、生の状態では「ジンゲロール」と言う成分が主で、これは体の深部の熱を外側に送る作用があります。
ですから深部は冷えてしまうと言うことになります。
しかし加熱する事により「ショウガオール」と言う深部から熱を作り出し体を温める成分に変化します。
その為、冷え性の人はすりおろし生姜等ではなく加熱した生姜を摂る方が効果的です。

白湯や紅茶にこの生姜シロップをティースプーン2〜3杯入れて毎日飲んでいます。
ピリッとした生姜が効いていて幸せを感じる美味しさです。
効果は即効性があり、一杯飲み終わる頃には体の内側からポカポカしてきます。
以前冬場は厚着をして電気毛布を敷いて寝ていたのですが、これを寝る前に飲むと、パジャマ一枚と足元に湯たんぽを入れるだけで温かく眠る事ができるようになりました。

冷え性の方はとにかく内側から温める事が大切なので、この生姜シロップは本当におすすめです。